コンセプト

平賀源内の精神でビビッと活性化

ときは平成二十八年(源内元年)。
さぬき市出身の平賀源内がもし現代に存在したら、
このまちを元気にするために、いったいどのような改革をするだろうか。

江戸の人々を驚かせたエレキテルの復元や、地域の特産品を掘り起こした日本初の博覧会を開催したように、きっと常識にとらわれない“奇想天外”な発想と、古き良き文化を学び新しい技術で新しい価値へと進化させる“温故知新”の思考によってあふれるアイデアを次々と実行するに違いない。

キーワードは、奇想天外×温故知新。

さぬき市に眠っている魅力を発掘して、驚きとともに発信する。
『源内の改革』プロジェクト、いまここに始まれり。

平賀源内とは

江戸中期の博物学者•作家•画家•陶芸家•発明家。あらゆる分野に才能を発揮し日本のダ•ヴィンチといわれる。エレキテルの復元や夏に鰻を食べる「土用丑の日」の考案がよく知られているが、他にも博覧会の開催や火浣布(燃えない布)、万歩計、西洋画など日本初といわれる功績を数多く残している(諸説あり)。
香川県さぬき市に生まれ(1728~1780)、52歳という短い生涯でこれほどまでの功績を残したことは、非凡さを物語っている。

さぬき市を盛り上げる、4つの奉行を紹介しよう!

  • 詳細はこちら

  • 詳細はこちら

  • 詳細はこちら

  • 詳細はこちら

源内の改革プロジェクトのロゴを使って、さぬき市を盛り上げよう!

ロゴの使用について


源内の改革プロジェクトロゴ

源内の改革プロジェクトロゴの使用を希望される方は、本プロジェクトに賛同したものとし、次の手順に従い使用してください。
なお、使用料は無料ですので、お気軽にご利用ください。
使用例)
 ・チラシなどの広告物に掲載
 ・平賀源内の関連グッズの製造、販売時に記載
 ・名刺に記載

ご使用までの流れ

1.申請

営利を目的として源内の改革プロジェクトロゴの使用を希望する方は、使用承認が必要です。
「源内の改革プロジェクトロゴ使用要綱、ロゴ使用ガイドライン」をよくお読みいただき、メールまたはファックスにて【1.会社や団体名、2.氏名、3.電話番号、4.使用内容(上記使用例参照)、5.使用開始予定日】を記載の上、源内の改革プロジェクト事務局に申請してください。
※事務局では、pngデータ、jpegデータ、aiデータも準備しています。データ送付を希望する場合は、【送付してほしいデータの種類、送付先アドレス】を申請してください。

ロゴ使用要綱(PDF) ロゴ使用ガイドライン(PDF)

  ↓

2.審査

源内の改革プロジェクトロゴの使用に関する申請については、源内の改革プロジェクトのPRという趣旨との整合性、活用方法の妥当性を審査します。

  ↓

3.承認

事務局よりメールまたはファックスで承認か不承認か連絡します。

【使用が認められない場合】
(1) 法令及び公序良俗に反し、又はそのおそれがあると認められるとき。
(2) 特定の政治、思想若しくは宗教の活動に利用、又はそのおそれがあると認められるとき。
(3) 不当な利益を得るために使用すると認められるとき。
(4) プロジェクトのイメージを傷つけ、又は正しい理解の妨げになると認められるとき。
(5) その他事務局が使用について不適当であると認めたとき。

申請・問い合わせ先
さぬき市 源内の改革プロジェクト事務局
メール:info@gennai-kaikaku.com FAX:087-894-4440