歴伝奉行

2018.12.20

志度高生が作る志度桐下駄の雑貨に注目!

IMG_8244

こんにちは、歴伝奉行です。

先日「平賀源内発明くふう展の表彰式」が平賀源内記念館で行われました。

毎年夏に東讃エリアの小中学生を対象に行うコンテストですが…

発明といえば、高校生も負けていませーーーん!

 

2018年12月9日(日)

地元志度高校の生徒たちが地元の工芸品を使い、

自ら考えたグッズを販売すると聞いて

「津田の松原サービスエリア」に行ってきました!

IMG_8283

志度高校といえば、商業科3年生の選択授業に「地域商業研究」というものがあり、毎年地元の食材や素材を使ったオリジナルの商品を開発しています。

今年夏には地元の和菓子店「風月堂」さんとのコラボ菓子「しょうろんPOM」を開発!

IMG_8238

見た目は小籠包なのに、中には白餡と甘く煮たリンゴが。

さぬき市の桑の葉と白下糖を使い、

体にも優しく、食べるとびっくり!の美味しいスイーツです♪

 

そしてこの日は新しい商品が登場!

「志度桐下駄の端材」を使った雑貨たちです!

IMG_8245

さぬき市志度に残る香川の伝統工芸品「志度桐下駄」

品質の良い桐を使い、昔ながらの数多くの工程を経て作り上げるもの。

かつて何十軒とあった桐下駄やさんも、安価な外国製の下駄が増えた今では数える程に減ってしまいました。

志度高校では桐下駄を作る「山西商店」さんにお邪魔し、桐下駄の端材がたくさんあることを発見。

これを使って何か作れないかとみんなで考えた結果…

IMG_8247

・桐下駄スマホたて(鼻緒を利用)

・桐下駄フォトスタンド

・桐下駄行灯

を開発!

IMG_8246

これらは全て彼女たちが組み立てたもの。

「一切釘を使わない」というのが難しく、

放課後にかなり時間をかけて作った作品もあるそうです。

IMG_8282

積み木にもなりそうな短い端材は…

IMG_8278

円形や四角に組み立てて「行灯」に!

カラフルなものや形の違うもの、作る人の個性がしっかり出ていて楽しい♪

この組み立て方は、かつて桐下駄やさんがやっていた桐の木の干し方をモチーフにしたもの。

琴電沿線にたくさん見られていたこの形も、

今では見られなくなってしまいました。

「伝統工芸品」というと敷居が高そうですが、

身近な雑貨に変換することで親しみを持てるものに変身!

彼女たちのアイデアにはきっと源内もびっくりするはず。

素晴らしいものばかりでした!

今後もどんな地元とのコラボ商品が出てくるか楽しみです♪
香川県立志度高校
場所/香川県立志度高等学校【地図】
お問合先/(087)894-1101

< 前のページへ戻る