歴伝奉行

2018.6.23

夏休みに源内の発明品「御神酒天神」を作ろう♪

げんないかいかく1

こんにちは! 歴伝奉行です。

 

さぬき市志度にある平賀源内記念館には、源内が11歳の時にひらめいて製作した「御神酒天神」が展示されています。

一見普通の掛軸ですが…

背面にある紐を引っ張ると、だんだんとお顔がお酒を飲んだかのように赤く染まっていくというもの!

 

このからくり発明品を多くの子どもたちにも知ってもらいたいと、「新げんない学園」のみなさんが「御神酒天神ワークショップ」を2018年3月の源内まつりからスタート!

2018年7月28日(土)には高松市にある高松歴史資料館(サンクリスタル高松3階)で開催されます。

 

IMG_7421

ワークショップでは小学校低学年でも参加できるように、専用キットを用意。

作業はほとんど「貼る」だけなのでとても簡単!

天神さんのお顔も自由に描けますので、子供達の個性が出て楽しいです。

 

IMG_7436

作っていくうちに、源内は11歳にしてすでにこんなヒラメキを持っていたんだ!と感動します。

 

作った「御神酒天神」は持ち帰れますので、

早めの夏休みの宿題づくりにもオススメ!

 

ぜひ参加して、源内のヒラメキを体験してみてくださいね。

 

【御神酒天神ワークショップ】

開催日時/2018年7月28日(土)9:30〜12:00

場所/高松歴史資料館 第一集会室(サンクリスタル高松3階)【地図】

対象/小、中学生(小学校3年生以下のお子さんは保護者同伴)

定員/15名(先着順)

参加費/材料費込み1500円

お申し込み、お問い合わせ先/087-861-4520(高松歴史資料館)

< 前のページへ戻る