歴伝奉行

2018.2.28

ツアー「深く知りたい、和三盆の世界」発売のお知らせ

wasanbon

さぬき市源内の改革プロジェクトでは、香川県東部(東讃地域)で生産されている和三盆をテーマとした日帰りツアー「〜なぜ、東讃で高級国産砂糖がつくられた?〜 深く知りたい、和三盆の世界」をJR四国の協力により発売します。


■催行日:2018年3/20(火)、23(金)、27日(火) ※3団設定いずれも日帰りです。
■旅行代金:高松駅出発の場合7,400円 ※詳細はチラシをご覧ください。
■最少催行人員:20名様(募集人員24名様)

お申込み/旅の予約センター TEL 087-825-1662
Webからも申込み可能です。
http://www.jr-eki.com/tour/course/HSGGBY090D


 和三盆は、江戸時代に製法が確立され200年以上が経ちますが、今でも高級和菓子には欠かせない素材として全国で使われています。でも、この和三盆、香川県の東讃地域と徳島県の一部地域でしか生産されていないのです。
では、この広い日本の中で、どうして東讃地域が産地になることができたのでしょうか?この謎を解きながら、東讃地域に残る和三盆にまつわる物語を訪ねます。

【ツアーのポイント】
(1)東讃の砂糖物語は、平賀源内から始まった!? ~平賀源内記念館で学ぼう~
(2)昔ながらの製法で白下糖を作る達人に会う! ~達人のお話を聞こう~
(3)地元の名店にて、旬の素材を使ったランチ♪ 
(4)引田港周辺には、砂糖貿易にまつわる遺構がたくさん! ~ガイドと歩く~
(5)ばいこう堂にて和三盆の世界を見学! ~和三盆独特の“研ぎ”とは~
(6)地元名店のお楽しみスイーツをお土産に♪

wasanbon_omote

wasanbon_ura

来てネ!

A Portrait of Kyūkei Hiraga cropped.jpg
By 木村黙老 / Momuō Kimura [Public domain], via Wikimedia Commons

さぬき市出身の天才発明家・平賀源内は甘党だった・・・!?

< 前のページへ戻る