奇想天外奉行

2017.10.31

【調査依頼001】ブドウ農家をめざす移住希望者から<その1>

IMG_1321

こんにちは、奇想天外奉行です。

ハロウィンということで、ちょっとホームズ風に。
空き家の調査隊だから、アキホームズといったところか。
まあ格好はともかく、さぬき市への移住に関する調査依頼があったのだ。

10月上旬。
さぬき市へ移住、正確にはUターンを希望するT氏より調査依頼を受ける。
調査依頼は大きく分けて2つ、仕事と住まいに関する情報収集だ。

<T氏に関する情報>


性別:男性
年齢:30代後半
家族構成:夫婦
現在の職業:アパレル関係
現在の住まい:香川県高松市
出身地:香川県さぬき市


T氏は、30代になった頃より自分で生産したものを販売したいという思いが強くなったそうだ。中でも、農業に興味があり生産から加工、販売までしたいと思うように。奥様に相談すると、快諾してくれた。奥様も植物を育てることが好きなのだ。しかし、なかなか踏ん切りがつかない。そんな折に参加したのが、“さぬき市元気づくり懇談会”だ。ここで聴いたさぬき市の人口減の話はショックだったみたいで、何か故郷に恩返ししたいと思ったそうだ。そして何より新しいこと、オモシロイことをしようと考えている仲間が他にもいることを知り、勇気をもらって転職と移住を決断した。

IMG_1322

農業の中でもブドウ栽培を考えている。さぬき市はワイナリーがあるほど、かつては県内一のブドウ生産量を誇っていたが、今は衰退の一途。T氏自身も実家そばのブドウ畑が減少しているのを肌身で感じ、寂しく思っていた。もう一度、ブドウに脚光をという思いが強い。
しかし、アパレル業一筋17年で、農業未経験。いきなりチャレンジするのは難しいというのは重々承知。まずは、栽培方法を指導してくれる人を探している。そして借りられるブドウ畑も。

T氏は今、時間あればブドウ栽培に関する資料を集め研究して、6次産業化を模索している。そして、アパレル業界で培った経験を販売に活かそうとか、作業着もオシャレにしてみるとか考えているだけで楽しいアイデアが浮かぶそうだ。

IMG_1324

調査隊は、熱意あるT氏の依頼を引き受けることにした。


Mission【ブドウ農家探し】
1.ブドウ栽培の師匠を探すこと
2.借りられるブドウ畑を探すこと


Mission【空き家探し】
1.賃貸であること
2.作業場(畑)に近いこと
3.古くてもリノベーションをするのでOK
4.できれば平屋で納屋などがあるとベスト


今回のmissionでは作業場近くの住まいを希望しているため、まずはブドウ農家を探すことにする。進捗状況は逐次報告するとしよう。
もし、ブドウ農家や空き家などの情報があれば提供を求む。



香川県さぬき市、家守ぐらしのススメ。
「タワヤモリ、募集中です。」

現在、さぬき市の空き家を守る”タワヤモリ”を募集中!
奇想天外奉行では「やもりのすみか調査隊」を結成し、さぬき市の空き家対策・移住促進の視点から様々な情報発信をしています。下記バナーからぜひチェックを!

bn_03

さぬき市への移住相談なども受け付けております。
お気軽にご相談・お問い合わせください。

MAIL : info@gennai-kaikaku.com
TEL:087-894-1112
[さぬき市総務部政策課 移住希望者相談窓口]

< 前のページへ戻る