奇想天外奉行

2017.9.26

ヤモロウのふるさとで寄合開催に向けて!

B2_4 (1)

こんにちは、奇想天外奉行です。
今回は、ヤモロウ君ふるさとへ帰るの巻!
さぬき市でも山手側、あの八十八番札所・大窪寺がある一帯が多和地区です。これから秋深まる紅葉のシーズンがベストシーズンとされ、観光客やお遍路さんで賑わいます。名物の栗も収穫が始まっていましたよ。

IMG_1111

IMG_1112

帰省の目的は、栗ごはんではなく、、、
さぬき市内でもここ10年で人口減少率が特に高い地区ということもあり、現状調査と空き家調査です。多和地区の12自治会をまとめている真鍋さんに話を伺いました。

タワヤモリ_デザイン案170110

ヤモロウ君:僕のこと、タワヤモリのことご存知ですよね?

真鍋さん:よう知らん。毒があるんやろ?

ヤモロウ君:えっ!

真鍋さん:マムシより毒性があるって聞いたでー

ヤモロウ君:えええーーー無毒ですよ!

 

地元での認知度の低さとニセ情報に大ショック!
失意のヤモロウ君に代わり、調査隊がインタビューします。

IMG_1110

調査隊:人口が減っているという実感はありますか?

真鍋さん:年々徐々に減っているから、急激に減ったという印象はないけれど、多和小学校が閉校(2012年)になった時はさすがにマズイなと思いました。

調査隊:というのは?

真鍋さん:この地区のイベント(祭りなど)は小学校を中心にして開催されていたので、このままでは、地域住民がバラバラになってしまうと危機感を感じました。
そこで、小学校の隣地で産直市を始めました。昼夜の寒暖差が大きいこの地域の野菜は美味しいと評判で常連客も多く、生産者の励みになっています。これはこれでいいんだけど、もっと生産者以外の地域住民にも来てほしいから、地域住民参加型のイベントを増やしたいと思っています。
また、小学校で天体望遠鏡博物館を運営しています。夏休み中は特に、天体望遠鏡工作教室や天体観望会などのイベントが人気で、さぬき市外の親子連れが参加して盛り上がりました。やっぱり子供たちの元気な声が響くのはいいですね。

IMG_1113

調査隊:子育て世代の移住者が増えたらいいですよね。ちなみに移住者の受け入れ態勢はどうですか?

真鍋さん:今まで移住者がほとんどいないから分かんないけど、小さなコミュニティなのでその中(自治会)のルールを守ってもらえる人がいい。

調査隊:なるほど、、、なかなか外からは分からない情報ですよね。実際に引越してから自治会のルールを知って、困ったという声も耳にします。実は私たちも事前交流の必要性を感じていて、移住希望者が知りたい情報を共有できる場、地域の人たちと交流を深める場として  「寄合」を開催したいと考えています!美味しいものでも食べながら、和気あいあいと本音トークの親睦会。そのためには、まずは受け入れ先となる住まいが必要です。賃貸できる空き家などありますか?

真鍋さん:分かりました、空き家の調査に協力しましょう。まあ「寄合」の件は、その後でゆっくりと。。。

「寄合」の件は、少し肩透かしな感は否めませんが、とりあえず今回は、自治会長さんの協力のもと空き家調査していただけることになりました。ありがたや〜ありがたや〜
ですが、「寄合」もぜひとも開催したいので、多和地区への移住希望者も募集します!これから紅葉の季節、行楽がてら多和周辺を探索してみてください。住んでみたいと少しでも思った方、ぜひご一報を!



香川県さぬき市、家守ぐらしのススメ。
「タワヤモリ、募集中です。」

現在、さぬき市の空き家を守る”タワヤモリ”を募集中!
奇想天外奉行では「やもりのすみか調査隊」を結成し、さぬき市の空き家対策・移住促進の視点から様々な情報発信をしています。下記バナーからぜひチェックを!

bn_03

さぬき市への移住相談なども受け付けております。
お気軽にご相談・お問い合わせください。

MAIL : info@gennai-kaikaku.com
TEL:087-894-1112
[さぬき市総務部政策課 移住希望者相談窓口]

< 前のページへ戻る