タワヤモリ、募集中です。

2017.8.30

二世帯移住ライフ〜後編〜

IMG_0169

こんにちは、奇想天外奉行です。

以前、2世帯移住した松岡さん一家の続編です。(前編はこちら
今回は、娘さん夫婦のさぬき市小田の移住暮らしについて紹介します。

義父よりも一年前にさぬき市小田へ移住してきた竹田さん夫婦。
祖父のお世話をするために小田へ行かない?と相談された時、二つ返事でOK!
農業ができるなら、何処でも良いというスタンスだったそうです。
もともと岡山でサラリーマン農業をしていて、これを機に自分の理想の農業を始めようと決意して小田へ来ました。

IMG_0166

最初は2アールの農地からスタート。(※1アール=100㎡)
地域の人と交流を深めるうちに農地を借りられるようになり、
7年経過した今は、なんと約70倍の1.4haです。

どのように規模を拡大したのか尋ねてみると、
地域のコミュニティに積極的に参加することが大切だと思い、消防団や祭り(ちょうさ)などに参加しています。
「農家あるあるですけど、野菜を持って近所の人に挨拶へ行ってます。」
「趣味のサップで沖に出たとき漁師さん達とも仲良くなり、今では魚と野菜の物々交換をしています。」
「私の場合、祖父のことを知っている方が多かったのでスムーズに借りることができました。」

これほどまでに農地を借りることができたのは、祖父ゆかりの地という点もありますが、竹田さんが地域に溶け込み、信頼を得た結果だと思います。

IMG_0139

竹田さんの理想の農業は、有機栽培。
無農薬や化学肥料を使用しない栽培方法です。
土づくりを大切にして手間暇をかけた竹田さんの野菜は、
「野菜本来の味がする」「味が濃い、香りがいい」など好評です。
その声は都市圏からも届いており、星のあるレストランにも納品しています。
さらに魅力の一つとして、珍しい野菜や食用のお花(エディブルフラワー)、ハーブなどバリエーション豊かなことがあるようです。
少量多品種は、竹田さんの性分らしく年間約100品目も栽培しています。
新しい品目にどんどんチャレンジして、日々研究を重ねることを楽しんでいます。

IMG_0164

そんな竹田さんのファンは県内にも!
卸先の店主が、竹田さんの野菜に惚れ込み、農家へ転身して弟子入り。
現在、竹田さんの元には2家族が弟子入りして、小田で一緒に有機栽培をしています。
「今後、彼らと一緒に小田ブランドの野菜を作っていきたい」と夢を語ってくれました。

IMG_0171

竹田さんの農園名は「大空のうえん」。近所のコミュニティバス停「大空口」から名付け、農園をあえて平仮名にしたのは「大空の上へ」という思いを込めたもの。
これからの飛躍がますます楽しみです。

 



香川県さぬき市、家守ぐらしのススメ。
「タワヤモリ、募集中です。」

現在、さぬき市の空き家を守る”タワヤモリ”を募集中!
奇想天外奉行では「やもりのすみか調査隊」を結成し、さぬき市の空き家対策・移住促進の視点から様々な情報発信をしています。下記バナーからぜひチェックを!

bn_03

さぬき市への移住相談なども受け付けております。
お気軽にご相談・お問い合わせください。

MAIL : info@gennai-kaikaku.com
TEL:087-894-1112
[さぬき市総務部政策課 移住希望者相談窓口]


< 前のページへ戻る